小布施町

【竹風堂 栗おこわ】見どころいっぱい!栗の名所小布施町

長野県北部にある小布施町は全国的にも有名な栗の産地です。

上信越自動車道 小布施ICを降りたら、栗とりんごの木の畑が続き小布施の町並みに着きます。

小布施はおしゃれなレストランやカフェがたくさんありますが、今回私は栗菓子で有名な竹風堂で食事をしました。

 

竹風堂 小布施本店

「竹風堂 小布施本店」は、店内に入り2階に上がるとレストランがあります。新しくてとても広く、席は158席あります。お座敷もありゆっくりくつろげます。トイレもきれいです。

最初に出されるほうじ茶が丁寧に淹れられた感じがして、感動的な美味しさでした。

こちらのレストランはお食事メニューは2種類あります。

山家(やまが)定食 1890円

 

栗おこわ、山菜煮物、にじマスの甘露煮、むかごのくるみ和え、お新香、みそ汁、アップルワインまたはリンゴジュースのセット。

栗おこわに使われているたっぷりの栗は、収穫期の秋に1年分を手むき加工して貯蔵されたものを使っているので、ホクホクとして食べ応えがあります。

マスの甘露煮は黒姫山の伏流水で育てられた活魚で、目の玉以外は全て食べられます。

山里(やまざと)定食 1296円

 

栗おこわ、山菜煮物、むかごのくるみ和え、お新香、みそ汁のセット。

山菜の煮物は味が少し濃いめですが、とても美味しかったです。小鉢はむかごという長芋の子で茹でてクルミゴマと和えたものです。お味噌汁は鰹節のダシがきいていて風味があります。山里定食は郷土食豊かで安全、ヘルシーな精進風定食です。

量は少なめで男性には物足りないかもしれませんが、この後スイーツをたっぷり食べるためにはちょうどいい量です。

家に帰ってから気づいたのですが、定食についてくる竹箸の袋に「この竹箸は手に滑りにくいのが好評です。お召し上がり後よろしければお持ち帰りの上菜箸などにお使いください。」と書かれていました。袋に定食の説明が書かれていたので、私は袋だけ持って帰って来て、お箸は置いてきてしまったのです。1度きりしか使わないのはもったいないな、と思うような立派なお箸だったので残念です。スタッフさんから説明があれば親切なのにな…と思いました。

 

野沢菜子
野沢菜子
これからお店に行かれる方は、是非忘れずに竹箸を持って帰ってね!

 

クリーム栗あんみつ 777円

 

甘さ控えめの栗あんに大きめフルーツがたっぷり盛られたあんみつ。

アイスはバニラと抹茶が選べます。

スイーツは他にもおしるこ、アイスクリーム、夏季限定の栗みぞれなどがありますが、あんみつが1番美味しそうでおすすめです!

お店データ

〒381-0292

長野県上高井郡小布施町973

TEL 026-247-2569

営業時間:販売 8時から19時(冬季11月~3月は18時まで)

飲食 10時から19時まで(冬季10月~3月は18時まで)

駐車場:有 30分間無料(本店ご利用で2時間無料)

 

竹風堂 公式サイトはこちら

 

「食べログ」竹風堂 小布施本店

 

見どころいっぱい!栗の名所小布施町のまとめ

風情溢れる町並みの小布施町は町全体がとてもきれいでおしゃれです。どのお店もトイレもきれいでした。

ちょっと歩いただけでも思わず入りたくなるようなカフェやレストラン、メロンパンやジャムのお店などたくさんのお店が並んでいます。

きれいな町並みは若い女性をターゲットにしているのかな、という印象を受けました。もちろん家族連れや年配の方達もたくさんいます!

しかし物価は高めです。レストランもお土産屋さんもいいお値段します。

行ってみたいお店がまだまだたくさんあるので、今度は新栗の季節に訪れたいです。

野沢菜子
野沢菜子
秋は新栗の季節だよ。

この時期にしか食べることのできない限定スイーツも発売されるから、是非小布施町に遊びに来てね!

 

小布施町 あけびの湯は宿泊もできる日帰り温泉長野県の北東に位置する小布施町は、歴史と栗の町です。年間約120万人の観光客が訪れる、長野県内でも大人気の観光地です。 そんな小布...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です