小布施町

小布施町 あけびの湯は宿泊もできる日帰り温泉

長野県の北東に位置する小布施町は、歴史と栗の町です。年間約120万人の観光客が訪れる、長野県内でも大人気の観光地です。

そんな小布施町にあるあけびの湯は、宿泊もできる日帰り温泉施設です。

宿泊用のお部屋は定員8名の特別室やコンドミニアムなど数種類のお部屋があります。

今回は気軽に利用できる日帰り温泉に行って来ました!

あけびの湯 施設内

高台にある「あけびの湯」は北信五岳から善光寺平を一望できる露天風呂があります。

駐車場で車から降りてすぐ、硫黄の匂いがすごくて温泉に来たなという感じがしました。

入口の所には無人販売で地元の方が作った朝採り野菜が売っていて、ゴーヤ、オクラ、きゅうりなど新鮮野菜がお得な価格で売っていました。

フロントのスタッフさんがとても親切で、丁寧に案内してくれます。

館内はとても広く、おもちゃやハンモックがあるキッズエリアがあり小さなお子様でもあきることなく楽しめます。

ゲームコーナーもあります。

あけびの湯 温泉

脱衣所のロッカーは無料で使うことができます。ドライヤーも置いてあります。

あけびの湯の最大の特徴は気象状況によってお湯が無色透明、緑色、白濁色と変化することです。私が行った時は無色透明でした。

黒い湯の花もたくさん浮いていて、温泉らしい硫黄の匂いが私は好きでした。

内湯は熱めで、隣にサウナがあります。でも水風呂がないのが残念です。

階段を下り、少し離れた所に露天風呂があります。素晴らしい景色を見下ろすことができ最高のロケーションです。私は昼間訪れたのですが、夜は善光寺平がキラキラとキレイに見えるだろうなと想像していました。

露天風呂は寝湯が楽しめるスペースがあり、ぬるめなのでゆっくりとつかることができます。ほとんど人がいなく貸切状態だったので、30分以上ゆっくりしていました。

ただ、露天風呂の石畳がとても滑りやすいので、注意して下さい。私は滑って転んでしまいました…。

肌にずっと硫黄臭が残り、つるつるスベスベになる素晴らしいお湯でした。

あけびの湯 温泉データ

湧出地:含硫黄・カルシウム-ナトリウム塩化物温泉

泉温:42.8℃

効能:殺菌作用、末梢血管拡張作用、慢性皮膚病、高血圧、糖尿病、冷え症、神経痛

加温:有

あけびの湯 お食事

湯上りの休憩所として使える広いお食事処があります。

和食、洋食いろいろ揃ってますが職人が丁寧に打った手打ちそば(700円)がオススメです。

海鮮丼やサーロインステーキ定食は1300円ですが、その他のお料理は1000円前後です。

長野名物の馬刺し(600円)や長芋の唐揚げ(500円)などおつまみも多数揃ってます。

あけびの湯 まとめ

毎日のイベントも開催され、定期的に落語講演会も行われています。

おべちゃでおごっそ(お風呂でごちそう)プランやお祝いプラン、宴会プラン、合宿プランなど多数のプランがあるのでご家族、お友達、会社などでも利用できます。

小布施町を散策した際は是非このあけびの湯まで足を運んで、絶景を見ながらゆっくり温泉を味わってリラックスして下さいね。

 

 

あけびの湯の公式サイトはこちら

https://obuse-akebinoyu.co.jp/

 

 

 

【竹風堂 栗おこわ】見どころいっぱい!栗の名所小布施町長野県北部にある小布施町は全国的にも有名な栗の産地です。 上信越自動車道 小布施ICを降りたら、栗とりんごの木の畑が続き小布施の町...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です